チェックポイント - 重要事項説明書

更新順に掲載しています。

【介護保険】 介護保険を利用する場合の費用負担

介護保険を利用した場合の本人負担

介護保険給付分のサービスは、費用の1割もしくは2割(※)分をご本人が負担することになります。

※介護保険利用料の自己負担額が2割となる方とは

平成27年8月から一定以上の所得のある方は、介護保険給付分のサービスについて、費用の2割分をご本人が負担することになります。介護保険の自己負担が2割となるのは、ご本人の合計所得金額が、160万円以上(年金の実収入等が、単身で280万円以上、2人以上で346万円以上)が目安です。

利用者負担割合を示す証明書は、1割負担の方も含めて、各自治体より平成27年8月までに認定者全員に交付される予定です。

有料老人ホームでの「特定施設入居者生活介護」を利用される場合、介護保険から支払われる介護報酬額は次のようになっています。

介護報酬は、短期の外泊や入院などの期間は除いて計算されることになります。

【介護保険】 介護保険の利用にあたっての手続き

「要介護認定」について

高齢者は、必要に応じて介護保険の制度を利用できます。有料老人ホームに入居している場合も同様です。

ただし、その前提として、市町村等による「要介護認定」を受ける必要があります。この要介護認定の手続きは無料です。

【介護保険】 事業者指定についてのQ&A

有料老人ホームでの介護サービスが、介護保険の給付対象となるためには、都道府県知事等から「特定施設入居者生活介護(以下「特定施設」と略します。)」の事業者指定を受けることが必要です。 この指定を受けるためには、国の定める基準を満たすことが必要です。

「特定施設」の指定基準の内容について整理してみましょう。

指定基準は大きくは、次の項目から構成されています。

【入居前の準備】 契約におけるチェックポイント

個々のホームにはそれぞれ特色があり、提供されるサービスや費用が異なること、そのために見学や体験入居を通して自分の希望に合ったホームを選ぶことの重要性や、チェックポイントは何かについて理解してきました。

そして、いよいよ入居するホームを決めるという段階に進みます。ホームを決めるに当たっては、重要事項説明書や入居契約書について必ずその内容を十分に理解しておくことが大切になります。ここでは、老人福祉法の規定上で、特に注意すべき事項等について記載します。

【広告の見方】 有料老人ホームの選び方

それでは、実際にあなたの希望に合った有料老人ホームを選ぶにはどのような手順を追っていけばよいのでしょうか。また、そのために必要な情報をどのように集めたらよいのでしょうか。その方法について学びましょう。

【広告の見方】 ホームに関する情報・広告表示

ホームへの入居を考えるうえで、ホームに関する情報を集め、充分に検討することが大切です。

ページ
トップへ